自分の歯を残すための歯周病治療

歯周病は、日本の成人抜歯原因第1位の病気になっています。

国民の半分以上は歯周病とも言われ、歯周病治療が必要な潜在患者数も含めればさらに数は増えそうです。

歯周病は初期症状がほとんどなく、痛み、腫れ、出血に気づいた時にはかなり進行していることが多いです。


患者さんのほとんどは、症状を感じないと歯科を受診することはありません。

歯周病治療の正しい情報はこちらです。

結果的に歯周病治療が間に合わず、抜歯を余儀なくされるケースも多いです。



しかし、早めに受診を心がけても早期に入れ歯になってしまうという人もいます。

これは、一度原因を取り除いても、まだそこに再発しやすい環境が残っているから生じることです。

残せる歯はできるだけ残すというのが、最近の歯周病治療では重視されています。

歯周組織の再生医療が進んで、歯を保存する技術が確立してきたからです。

今では歯を失っても、自分の歯のように使えるインプラントという選択肢もありますが、できれば自分の歯を残して治療したいものです。
よりよい治療を受けて最後まで歯を残すには、患者さんが良い歯科医師を見つけることから始める必要があります。

マイナビニュースの有益な情報を提供します。

良い歯科医師は、自分が今どんな治療を受けているのか、再発させないためにはどんなことに注意すれば良いのか、ということを具体的に教えてくれる医師です。痛いところを抜いて終わりでは、周りの組織が弱ってきて、ドミノ倒しのように歯を失っていく可能性もあるので、歯科医師選びは慎重に行いましょう。